主にグループファイトブログ

Mossa系フィットネススタジオGroup fightの体験記、新曲、各ルネサンスの話

10月改正について

今回、いくつかのファイトがカーディオキックボクシングへ変更になっている。
特にイオン土曜のファイト60がカーディオキックボクシングへと変更となり、イオンでは土曜のファイトが無くなった。
また、月曜に春日でファイト30があったがこちらもカーディオキックボクシングとなった。
カーディオキックボクシングはadidasGYM&RUNに似ており、単純にパンチ、ニーを繰り返し行うもので
ファイトと比べ、コリオ性は殆どなく、より初心者向け、高強度となっている。
今から格闘系フィットネスを始める人には丁度良いものであるが
逆に言えば、より複雑なコリオを好むファイト経験者にはいまいちなものだ。
今回のファイト置き換えに改正に関してはファイトファンとしては残念である。

 

次期要望

コマ数が減るのはしょうがないが、次回改正では、木・金・土・日で60の設定
金曜夜のファイト設定、土・日午前中での設定等、5クラブでバランスが取れればいいかなと思う。

2018年10月-12月 グループファイト時間割

混雑予測

★少ない

★★普通

★★★多い

 

月曜日

西新 

13:15~13:45★ 髙木Group Fight 30 

20:25~21:25★★島田Group Fight 60


イオン 

20:00~21:00★★★権丈Group Fight 60

 

※西新で福岡唯一の30の設定がある。また同日に2回設定がある、また60がイオンで設定されている。

※香椎、大橋が休みとなりイオンは混む

火曜日

香椎

13:10~13:55★内野Group Fight 45
20:30~21:30★★井上Group Fight 60

春日

13:25~14:10★宇土Group Fight 45
21:30~22:15★★内野Group Fight 45

※香椎、春日で2回のグループファイト、また60が香椎で設定されている。

※春日は21:30とかなり遅い時間に設定がある。

※火曜は比較的空いている

 

水曜日

大橋

20:05~21:05★★中西Group Fight 60

イオン

12:20~13:05★常住Group Fight 45
20:10~20:55★★二宮Group Fight 45

※イオンで2回のグループファイト、また大橋は60が設定されている。

※水曜は夜も空いている

木曜日

大橋

12:25~13:10★三浦Group Fight 45

西新

14:05~14:50★中西Group Fight 45
19:20~20:05★★永田Group Fight 45

香椎

21:50~22:35★★大八木Group Fight 45

※木曜は西新で2回設定されている。香椎の21:50は福岡最遅スタートである。
※60は設定されていない。

※木曜は比較的空いている

金曜日

香椎

10:30~11:15★井上Group Fight 45

大橋

16:35~17:20★★早弥香Group Fight 45

※香椎では10:30と福岡で最も早い時間に設定されている。
※金曜は夜間が設定されていないので混まない。今後金曜夜が設定されればかなり混むと思われる。

土曜日

大橋

12:40~13:25★★★WATARUGroup Fight 45

春日

12:15~13:00★★藤田Group Fight 45

西新

15:15~16:00★★★DonkyGroup Fight 45
19:30~20:15★★中西Group Fight 45

香椎

12:45~13:30★★井上Group Fight 45

※土曜日は唯一日に3回受けることが可能である

※土曜はどこも混んでいる
 

日曜日

大橋

12:55~13:40★★★榎田Group Fight 45

イオン

15:30~16:15★★★野口Group Fight 45

春日

16:05~16:50★★宇土Group Fight 45

香椎

16:05~16:50★★大八木Group Fight 45

※日曜日に西新では唯一設定がない。閉店が遅いので遅い時間に設定が望まれる

※日曜の大橋は狭いスタジオで非常に混む

※日曜はどこも混んでいる。特に新担当となったイオンはかなり多いと思われる

 

混雑予測

★少ない

★★普通

★★★多い

2018年10月-12月 福岡5クラブ ルネサンスプログラム

各プログラムスケジュールは次のとおり

香椎

http://tss.s-re.jp/renapub/files/ts/su/100/7120/SC3_201810_201812_7120.pdf

西新

http://tss.s-re.jp/renapub/files/ts/su/100/7140/SC3_201810_201812_7140.pdf

春日

http://tss.s-re.jp/renapub/files/ts/su/100/7150/SC3_201810_201812_7150.pdf

イオン

http://tss.s-re.jp/renapub/files/ts/su/100/7160/SC3_201810_201812_7160.pdf

大橋

http://tss.s-re.jp/renapub/files/ts/su/100/7170/SC3_201810_201812_7170.pdf

 

ファイトコマ数

香椎6

西新6

大橋5

イオン4

春日4

イオン、春日でファイトが減り福岡最低数となった。香椎、西新は設定が多いままである。

 

IR別持ちコマ数

井上IR 3

中西IR 3

宇土IR 2

内野IR 2

大八木IR 2

※他IRは1コマ

井上IR、中西IRが同数で週3コマとなる。殆どが週1コマ持ちである。

 

 

グループファイトをはじめたい方

ついていけるか?

一番の不安な点だと思う。メンバーが常連でこなれており、自分だけが取り残されて、次々と事が進んでいく。分からないのは自分だけ。恐怖の「あれ誰?(フフフ)」状態・・・。

Mossaプログラム全般的に言える話だが、初心者がこうならないよう配慮されている。特に1曲目、2曲目ではかなりイージーなコリオ(技の組み合わせ)であり、初回から見よう見まねでできるようになっている。ただし、3曲目からは大抵ハードルが上がり、恐らく初回はただ半テンポ遅れてついていくだけという可能性は高い。

しかし、誰もが最初はそうである。

そこにいるメンバー全員が経験したことであり、そこを乗り越えないと始めることはできない

なお、7曲目、8曲目はさらにハードルが上がり、5~6回やってる人でも苦労する。初心者は訳わからずに終わる可能性が高い。45なら訳わからんのは一曲で済むが60は2曲入ってくるので注意だ。なお、60に入っている9曲目は筋トレであるのであまり経験は要らない。また、30は7曲目、8曲目が入らず、確かに初心者向けだが、プログラムが殆どない。

なお、一般的にエアロ、ZUMBA、リトモスよりははるかに始めやすい

 

初めての方居ますか?

スタジオ全般に言える話だが、最初にIRが「初めての方居ますか?」という問いかけがある。IRによっては初めての方が居ないとコリオ説明が減ってそれなりの中級バージョンで進める場合があるので、大きく手を挙げておいた方が良い。後ろの人もつられないように視界から外してくれる場合が多い。初めての人へのいじり等は普通は皆無なので、安心して欲しい。

 

経験者と一緒に

一人で始めるのはかなりの勇気が必要であるが、経験者と一緒に始めると緊張は半減する。だれか知り合いを捕まえて一緒に入ってもらおう。なお、2回目からは一人で大丈夫である。

 

場所取りについて

基本的に最前列、最後列、両サイドは人気が高い。開場は5~10分前であるので、平日昼間は5分前、平日夜間・休日は15分前に行き、最後列を取ろう。ギリギリに行くとインストラクターのどまん前しか空いてないなんてことになる。さすがに最初から前列はお勧めできない。慣れた人であっても最前列は緊張する。しかし、後方はインストラクターが見えにくく勉強しにくいという欠点もある。慣れてきたら少しづつ前に出ていくのを勧める。

鏡に映ったインストラクターが同じ方向を向いてる為真似しやすい。なのでインストラクター真横位置も意外にやりやすい。(この位置は人気がある)逆に右足前ファイトスタンスから始まるファイトにおいては、左最前列はインストラクターがほぼ見えない位置となり、初心者は避けたい位置である。

 

参加時間帯について

基本的に平日夜は上級、休日が中級、平日昼間は初級という感じである。可能であれば平日昼間の参加がベターである。「たまたま時間が空いたから参加」してる人が多数派であり、できなくて当然という空気がある。あと込み合う時間帯も人ごみに紛れるので気分的には楽である。少数であれば目立つという法則である。台風の日に行ったら5人だった・・・なんて事もあるので注意。

 

インストラクターについて

インストラクターによって初心者をフォローする人、全く関与しない人、人それぞれである。当ブログの各インストラクターの頁を参考にして頂きたい。

 

開始時期

3月、6月、9月、12月の1日以降10曲全曲のコリオが刷新される。特定のクラブ(福岡5クラブではイオン、香椎)では前月の一週間前より始める場合がある。新曲は当然ながら皆知らない(Mossaはフル動画非公開)ので分からなくて当然であり、始めやすい。ただし、常連は技の名称だけで動けるし、コリオには王道パターンがあるので、初心者に比べればはるかに最初から動ける。新曲発表時はIRがコラボしたりしてイベント的になるし異常に多いので、2週目からの参加がベターである。

また、4月、7月、10月、1月の1日以降またはその前週で2曲入れ替わる。この2曲も皆初めてとなるので多少参加しやすい。

5月、8月、11月、2月はバックナンバーとなり、IR毎にやる曲が異なる。

毎回変える、毎週変える、同じバックナンバーをやり続ける等、やり方も異なり、上級向けの一か月となる。上級者の殆どはバックナンバーを経験しており、なんなくこなす人が多い一方で半分くらいはよく分からないとなるのでここを避ける理由も実はあんまりない。もちろん最初に始めるならまずは統一コリオの二ヵ月間に集中して通った方がいいだろう。

 

常連について

どこのクラブにも多少なり経験豊かな常連がいて、IRとも仲良く話してたりすると、ちょっと入りにくさを感じることだろう。しかしこれはどこにでもある事であり、何事もそうである。別にけ嫌う必要もないし、必要以上に仲良くする必要もないと思う。軽くあいさつ程度して、スマホでも見てれば問題ない。しかし、グループファイトの話題は職場や友人とは話せないので、何人かの話せる人は作っておいた方が更にエンジョイできるのは間違いない。完全に殻にこもるのもいただけない。

 

クラブによる雰囲気の違い

クラブにより初心者が入りやすい、入りにくいがあるので当ブログ、インストラクターの頁を参考にしてもらいたい。個人的に言えば、福岡5クラブでは香椎、西新は入りやすい雰囲気と言える。

 

運動量について

人によるが自分自身で調整は可能である。特定のイージーな動きもあるし移動系コリオで動かず、ジャブ一つ、キック一つを緩く打ってればあまり疲れない(これを強度調整という)。逆に全てを全力でやれば45でも1キロは体重が落ちる。個人的には、疲れて汗をかくのがファイトの目的であるので、できる範囲で全力で行うのがベターであると思う。

 

コリオミスについて

インストラクターの斜め前に陣取り完全に同調して動けばコリオミスはないわけだが、慣れてくると、インストラクターをマジマジと見なくなる。(見なくてもできる)この時によく発生するのがコリオミスである。パターンとしてコリオを飛ばして先走ってしまうパターンと、左右違いである。

そして後ろの人に伝染する。ま、たまのミスはご愛嬌だが、頻繁にミスする人は前列には向かない。

左右に関しては概ね曲の1番は右足前の右(パンチ、キック)スタート主体となっており、2番は左スタートに入れ替わるという法則を知っていれば若干防げる。それぞれ逆打ちするものだけを頭に入れておけば良いのだ。例えば、JUL18のキックスではフロントキックとバックキックだけ逆打ちである。このポイントを抑えておけば、後は全て順打ちとなる。

 

経験者との違い

経験者との違いがでるのはコリオ変化時の出だしである。ここは習得度によって差が出るが、ほんの数秒でしかなく、たいした問題ではないし、誰もあなたを見ていない。後方の人も間違いなく出だしにつまづく人は視界から外すからである。
 経験差が出る技もあり「連続アッパー」と「フロントキック」、「ラウンドハウスキック(セット含む)」等である。
「連続アッパー」はシンプルながら足の運びとガードとの両立が難しい。「フロントキック」は打つ側の肘を引きながら打つのだがこの手の運びが難しい。ラウンドハウスキックは踏み込む足のかかとの向きが蹴る方向で、腕を伸ばした形で終了し、更に蹴り足の甲は伸びて直ぐに足だけ引っ込め、バランスを保たなければならない。これは経験で差が出やすい技である。

DONKYグループファイト

所属 西新

担当プログラム グループファイト

客いじり度2
特に個人いじりは見られない。むしろ本人がいじられるキャラである。

前フリ5

前フリは長い。場をあっためようと一生懸命である。この辺は大橋早弥香ファイトに通じるものがある。しかもきっちり場をあっためるあたりは正に芸人である。

掛け声度5
かなり独特の発声あり。しかも面白い。大橋の「気合」も発生する。Donky鉄板ネタとして主婦向けの台所ネタや彼女ネタがある。

コリオ忠実度5

基本おふざけ場面が多いがコリオは正確に行い間違いも少ない。また、オリジナルのコリオも見られ楽しめる。

技のキレ3
基本的なところはきちっと教えてくれる。またケガ防止にも気をつけておりレクチャーもあって非常にタメになる。

初心者の受け入れ度5

明るい笑顔で迎えてくれるだろう。

馴れ合い度2
馴れ合いはあまり見られない。


DONKYファイトの特徴として休憩が少ない。通しで一回程度である。その分強度は上がる。また誰でも幸せにするキャラである。嫌なことなんか忘れてしまう。正にファイトの王道ではなかろうか?笑って、声出して、疲れて。誰もが十分に満足!である。

WATARUグループファイト

所属 大橋

担当プログラム エアロ、グループファイト、deepWORK®

客いじり度1
基本的に客いじりはない。

掛け声度4
大橋なので声出しがデフォである、逆に曲挿入の掛け声等はあまり興味がない。大橋名物「気合」は適宜発生。「オイ」だか「ウェイ」だかのとにかく大声を出そう!

コリオ忠実度3
榎田IR同様に本人もコリオをやり続ける。説明は流ちょうに行われる。若干オリジナルと異なる場合もあるがあまり正確さに拘るタイプではないようだ。

技のキレ3

スタンダードで特に独特な動きは見られない。

初心者の受け入れ度2
特にいじられたりする事もないのでこっそりと参加する事が可能である。

馴れ合い度2
基本馴れ合いは少ない。

WATARUIRの特徴として、説明が流ちょうで心地よいテンポで行われる。ラジオのDJのようだ。この辺は内野IRと似ている。また大橋なんでとにかく大声でストレス発散!これがWATARUファイトである。

二宮グループファイト

所属 イオン

担当プログラム グループファイト、グループパワー

客いじり度2
基本的に個人いじることはほぼないが、全員に向けてのはっぱ掛けは多い

掛け声度2
曲所定の掛け声はキッチリ入れたいタイプである。これはイオンの特徴でもある。その他の掛け声強制はみられないが、本人はよく声を出す。

コリオ忠実度5
特徴として細やかな説明が絶えず入る、曲のボリュームが小さいので良く聞こえる。オリコリ等は見られず、基本に忠実である。

技のキレ3
教科書的に動く場面が多い。常にしゃべってるので、息切れしないように強度バランスには気をつけている。ここは藤田IRと似ている。コリオミスが非常に少ない。

初心者の受け入れ度4

説明も丁寧で特に問題はない。

馴れ合い度2
基本馴れ合いは少ない。

場をよく見ており、終了後によく動けた人には「ナイスファイト」のお声がかかる。

藤田ファイトと似ているバランス重視型である。個人個人で楽しむもよし、模範的な動きをマスターするもよし。気楽に参加しやすい雰囲気がある。

藤田グループファイト

所属 春日

担当プログラム グループファイト、グループブラスト、エアロ、カーディオキックボクシング

客いじり度4
基本的にいじってアピールをしていれば細やかに対応してくれるだろう。

掛け声度3
曲所定の掛け声はキッチリ入れたいタイプである。また大橋・西新の「オイ」も取り入れ盛り上げる。

コリオ忠実度5
特徴として曲に乗せて説明が絶えず入る、このへんは宇土IRと似ている。コリオミス等が少なく基本に忠実である。

技のキレ3
もともとキレがあるが、常にしゃべってるので、息切れしないように強度には気をつけているようだ。

初心者の受け入れ度4

説明も丁寧で初心者も問題なく入りやすい。

馴れ合い度3
基本馴れ合いは好きなほうである。

藤田ファイトはバランス重視型で全般的には二宮ファイトに似ている。個人個人で楽しむもよし、模範的な動きをマスターするもよし。気楽に参加しやすい!

永田グループファイト

所属 西新

担当プログラム グループファイト、温ストレッチポール®

客いじり度1
基本的に客はいじらない。

掛け声度2
西新では大橋に次いで声出しが多いが永田IRの場合掛け声は控え目であり、むしろ客側から声出しし出す事も。

コリオ忠実度4
四六時中細かな説明が続いてるがよく聞こえないw。基本的に親切、丁寧である。オリコリ等は全くない。技の名付け方が非常に独特である。たまにコリオまるっと飛んでしまう。

技のキレ3
スタンダードで教科書的な動きである。

初心者の受け入れ度5

いじられることもなく、技、コリオの説明も丁寧なので初心者が最初に入るなら永田ファイトはお勧めである。

馴れ合い度1
基本馴れ合いは殆どない。

 

永田IR自体おっとりキャラなのでスタジオがギスギスしない。初心者、ビジターが入りやすいホンワカした雰囲気がある。常連も個人個人で練習に没頭したり、ちょっと変わった動きをしても突っ込まれることはないだろう。あまり経験が長くないのでバックナンバーが直近である事が多い。直近バックナンバーをやりたい人は要チェックである。

 

内野グループファイト

所属 フリー

担当プログラム グループファイト、グループパワー、エアロ、ZUMBA、deepWORK®、adidasSHINDO

客いじり度3
客いじり多少アリ。たまに思ってる言葉がポロっと出てしまう

前フリ度5
基本、手持ちの小話からスタート。ここでややウケに終わるwこの小話はコリオ中だろうとちょいちょい入ってくる。小話はいろんな所で同じ話をしてるのだがどこでもややウケで終わってるにもかかわらず必ず差し込んでくる。一周するとこれが面白くてしょうがない

掛け声度5

掛け声としては、本人のみ四六時中「ウォ!」「イエイ!」とか言ってる。基本声出しが好きなので、併せて声を出そう。

所定の余興はあまり興味がなくオリジナル要素が強い。「レッツゴー」または「レディ、ゴー」が口グセ。乗ってる時は曲調に乗ってDJよろしくノリノリである。好きな曲は自ら歌うが意外にウマいw

コリオ忠実度3
ちょいちょい一つ一つの技のやり方の詳細な説明があり、これが非常に勉強になる。

技のキレ5
まさに格闘技のソレである。リアルに強そうでありそこら辺の男ならなぎ倒してしまいそうである。フックの際に手合せをするクセがある。

初心者の受け入れ度2
特に構うことも事もないが、見本がいい動きなのでやや緊張するかも。

馴れ合い度3
基本馴れ合いは普通程度。

フリーなのでいろいろなところに出没する。内野IRの特徴として一つ一つの動きに独特のトレーニング要素が入っており、ほんとはパワーの方が好きで、ちょいちょい番宣しているw。しかし技は勉強になる。自分の技レベルをあげたいなら内野ファイトである!

個人的には同じ歌う系のイオン権丈IRとのコラボが見たい。

 

榎田グループファイト

所属 大橋

担当プログラム グループブラスト、グループファイト、カーディオキックボクシング

客いじり度2
基本的に客いじりは少ない。

掛け声度5
榎田ファイトの特徴としては掛け声が多い。ほぼずっと「オイ」とか「フウ」と言っている。また大橋名物「気合」は頻繁に発生。「オイ」だか「ウェイ」だかのとにかく大声を出そう!

コリオ忠実度5
説明はシンプルに行われるが聞いていれば大丈夫である。

技のキレ4
本人が一番運動になってるのではないか?という強度でコリオをやり続ける。早弥香嬢は結構本人アイドルタイム(主に巡回)が長かったりするので対照的である。

初心者の受け入れ度4
スタジオが狭くて人が多く、その分人に紛れやすく参加はしやすいだろう。初心者も笑顔で迎えてくれるはずである。

馴れ合い度2
基本馴れ合いは少ない。

榎田IRの特徴として、方向を示す言葉が多い。特に「前!」である。もはや掛け声に近いものになっているwとにかく大声でストレス発散!これが榎田ファイトである。

 

宇土グループファイト

所属 香椎

担当プログラム グループファイト、グループパワー

客いじり度1
殆ど客はいじらない。香椎全般に言える話である。

掛け声度2
オリジナルの発声はほとんどないが曲所定の発声にはこだわりがある。

コリオ忠実度3
基本的にイージーファイトが特徴である。また曲調に合わせて説明する場面が非常に多い。

技のキレ3
イージーな雰囲気でありながら一つ一つの技は結構鋭い。

初心者の受け入れ度5
特に問題なく入りやすい。間違えても全然OK!な雰囲気で安心できる。

馴れ合い度2
香椎伝統に基づき馴れ合いはあまりない。

持ってる時間が平日の朝だったってのもあり年齢層が高い。気張らず気楽に入れる雰囲気作りをしている。気遣いの宇土ファイトである。今後は場所時間が変わるのでまた違ったファイトになる事だろう。

グループファイト以外ではグループパワーもやっている。

備考

10月より春日異動となった。

大八木グループファイト

所属 香椎

担当プログラム グループファイト、グループパワー、腰痛予防ストレッチ、カーディオキックボクシング

客いじり度0
客いじりはほぼ0である。 

掛け声度2
掛け声も非常に少ない。基本無言で黙々とコリオこなしてれば良いがトラック間で突然スタート掛け声が入るという大八木IR独特のセットプレーがある。「レッツムーブ」が唯一の声掛けである。

コリオ忠実度5
非常に細かな説明を常に行っているが曲の音量がデカ過ぎてよく聞こえないwこれが大八木ファイトの味となっている。

技のキレ4
筋肉隆々で大柄であり、軽いジャブだけでド迫力である。きっと福岡5クラブIR同士で戦ったら優勝してしまうだろうw

初心者の受け入れ度2
初心者だろうと玄人だろうと客側へは無干渉。これが大八木流である。

馴れ合い度0
基本馴れ合いはしないスタイルである。

照明の調整に拘りがあり、常時こまめに照明を調整する。全体的に大八木流の味があるファイトである。バックナンバーの選曲が良くこの辺は経験の長さが光る!

 

中西グループファイト

所属 フリー

担当プログラム グループファイト、バレトン、温ヨガ リンパ、骨格リセットエクササイズ、アクア

客いじり度3
基本的にはイーブンスタンスである。オリ発声には若干注意が入るが、人柄がよいので悪い気はしない。

掛け声度4
掛け声、発声は積極的。ガードは「ホホヨコ」と狙いは「ハナクチ」と答えよう。大橋名物「気合」スタイルに対応。

コリオ忠実度5
非常に丁寧に取り組んでおり、大声でハキハキときれいに説明が入る。誰もが好印象を抱くだろう。生真面目なのでコリオ間違うと非常に悔しがる。オリジナル性も盛り込みたいようだ。

技のキレ4
か細いのにキレは十分である。たまに技の説明がありシンプルで分かりやすい。

初心者の受け入れ度5
特に問題なく、癒しスマイルで緊張を和らげてくれるだろう。

馴れ合い度3
場所に応じてある程度は対応する。それでいてビジターを置いていかないよう配慮がある。そこら辺のバランス感覚に長けており、頭の回転が早い。

フリーだがどこのクラブでも人気がある。ファンも多く、いつ入っても元気をもらえるファイトである!

常住グループファイト

所属 イオン

担当プログラム グループファイト、グループパワー、カラダ・うごく、カーディオキックボクシング

客いじり度2
あまり客いじりはしないが、多少の突っ込みはしてくる。

掛け声度3
イオンの曲所定の声出しの伝統に沿って行われる。

コリオ忠実度5
権丈IR同様に非常に丁寧な説明が入る。

技のキレ5
これまた権丈IRに似ておりキレッキレである。

初心者の受け入れ度5
初心者でも安心して入ることができるだろう。

馴れ合い度2
過度な馴れ合いはあまり見られず、絶えずビジターにも気を配る。


イオンでは権丈IRと双璧の人気があり!権丈IRはノリノリ歌唱があるが、常住IRは真面目なファイトという印象がある。場をよく見ており最後頑張った人には「ナイスファイト」の声掛けがあったりと、サービス精神に溢れる。きっちりファイトを学びたいなら常住ファイト!

備考

10月より日曜日から撤退し、平日の昼のみとなった。受ける機会が殆どなくなりそうで残念である。